イトー PM-810/PM-820温熱治療器

相談無料
全国対応

048-478-2615(受付 平日9:00〜17:00)×

穏やかな温感のまま、ピーク出力200Wの治療を実現

業界初のEMC適合のマイクロ波治療器。
ピーク値200Wの出力で、生体組織内の温度を上げ、血行を良くすることで、神経叢・関節・筋肉などを効率よく治療します。また、マイクロ波治療器の分野において、EMC規格をクリア。不要な電磁波のエネルギーが周辺の電子機器に影響を及ぼすことなく、安定した環境での治療が可能です。

高出力のマイクロ波による、十分な深部加温効果

高出力のマイクロ波による、十分な深部加温効果

高出力のマイクロ波が、深部加温効果を発揮。低パルス幅使用なら、高出力治療でも照射部位表層部の温度を上げずに深部を治療可能。心地よい微熱を与える微熱マイクロ波治療を実現しました。

セパレート機能により、治療部位の温度調節が可能

セパレート機能により、治療部位の温度調節が可能

PM-820はセパレート(独立発振)機能を搭載し、神経叢と患部それぞれに適した温感治療や、挟み込み治療の外・内側での温感調節を実現。2人用としても使用できます。

正確なパルス発振を1Wきざみで操作可能

7セグメントLEDを採用し、正確なパルス制御によって1Wきざみで操作・設定可能に。穏やかな温感のまま、ピーク出力200Wでの治療を実現しました。

オルタネート機能を装備し、治療時間を大幅に短縮

PM-820はオルタネート(交互発振)機能で、治療時間の大幅短縮を実現。神経叢と患部への同時治療、関節等への挟み込み治療など、多彩な治療を可能にしました。

より優れた操作性と機能性を実現

室内にすっきりと配置できるコンパクト設計。アンテナは、可動式アームの採用により体の姿勢に関係なく治療部位に照射できます。また、前回の治療時間を記憶する機能も装備しました。

安全性に配慮したシステムを装備

イニシャルチェックシステムと過出力防止回路などのシステムを装備しました。

アンテナケーブルの交換について

使用環境や使用状況で耐用年数が短くなることがありますが、標準的な使用環境(室温25℃、パルスモード、マイクロ波出力100W程度)で2,000時間(約2年)を目安として交換をお勧めします。

高周波利用設備許可申請について

出力50Wを越えるマイクロ波治療器、又は超短波治療器は、高周波を発生させる製品として電波法の対象とされております。 このため製品を設置される場合は、設置者の責任で各地域の“総合通信局”宛に“許可申請書”を提出して頂く事が義務化されております。 許可申請の詳細につきましては、総合通信局のホームページにて“高周波利用設備設置のための手続き”に従い、申請頂きたくお願い申し上げます。

本体仕様

定格電源AC100V(50/60Hz)
定格消費電力PM-810:700VA
PM-820:760VA
作動周波数2450MHz±50MHz
定格出力100W(実効出力) / 200W(ピーク出力)
不要放射10mW/cm2以下
パルスデューティー5~50%
タイマー30分(最大)
電撃に対する 保護の形式と程度クラス I・B形
サイズ(W)330×(D)395×(H)790(mm)
重量PM-810:約28kg
PM-820:約36kg
医療機器認証番号PM-810:217AABZX00004000
PM-820:217AABZX00006000
医療機器の分類管理医療機器(特定保守管理医療機器)〈クラスⅡ〉

製造販売業者・製造業者

伊藤超短波株式会社

取扱商品一覧

製品のお問い合わせ・ご注文はメールまたはお電話でお願いします

相談無料
全国対応
048-478-2615

メールでの
お問い合わせはこちら